自分らしいお葬式をするために必要なこと

あなたの人生、最期まで自分らしくあるために、必要な知識。

「葬儀一式」とは

「葬儀一式」だけではお葬式は出せません!

よく葬儀社の広告などで「葬儀一式○○円!」などと書かれているものを見ます。
ですから、普通は、その価格でお葬式が出せるものだと思ってしまいますよね。
なのに、いざお葬式を出して、請求書を見てびっくり!
「葬儀一式」の価格の数倍の金額が請求書に書かれていたりします。
こうした「葬儀一式」というのは、日本独自の葬儀社の風習で、これがもとで多くのトラブルが発生しています。
これはある意味悪習なのですが、今の日本では、まだ改まっていません。
ですから、これだけは覚えておいてください。
今の日本では「葬儀一式」ではお葬式は出せません!
では、「葬儀一式」とは、何なのでしょうか。
これから解説します。

「葬儀一式」に含まれるもの

このように、「葬儀一式」というのは、お葬式にかかる全部のことを指すのではなく、お葬式におけるほんの一部だけを指す、業界用語なのです。

葬儀の見積もりには2つのパターンがあります。それは、葬儀に必要なものをひとつづつ加算していく「項目積み上げ方式」と、ある程度の項目をパッケージ化した「葬儀一式方式」です。
項目積み上げ方式を使えば、何にどのぐらいのお金がかかるのかがはっきりしていていいのですが、素人にはわかりづらい面もある(という業界の言い訳もあって)ために、多くの葬儀社が「葬儀一式方式」を使っています。
では、「葬儀一式」では、どのような項目が含まれているのでしょうか。

基本的に「葬儀一式」に含まれているのは、最低限度の葬儀にかかる費用です。
例えば主に棺や祭壇飾り一式などの葬祭料、人件費などは「葬儀一式」に含まれています。
ですが、これだけでは、本当にみっともない、わびしいお葬式しか出すことができません。
そして、それ以上の、普通に体裁の整ったお葬式にするためには、「実費」が大きく必要になってきます。

お葬式にかかる「実費」の怖さ

このように、お葬式には「葬儀一式」と、プラス「実費」がかかると思ってください。
また、「葬儀一式」も、それだけでは最低ランクの棺や祭壇飾りしか用意してもらえません。
そして、葬儀社はしつこく棺や祭壇飾りのアップグレードを勧めてきます。
その口車に乗って、安易に内容をアップグレードすると、恐ろしい請求が来たりします。
大切なのは、「葬儀一式」はどの程度のグレードで、どこまでしてもらえるのか、そして「実費」は何がかかるのか、明確にしてもらうことです。

カテゴリー

ページのトップへ戻る