自分らしいお葬式をするために必要なこと

あなたの人生、最期まで自分らしくあるために、必要な知識。

お布施の相場

お布施の金額、誰が教えてくれるの?

お葬式の時にお坊さんにいくら払えばいいのか、お布施については本当に頭が痛いですよね。
お坊さんに聞いても「気持ちだけで結構ですから」と言われてしまう。
かと言って、あまり少ない金額だと、世間体があまりよろしくない。
やはり、相場を知って、その相場に近いお金を払うのが、社会人としてはよさそうです。

もし同じお寺の親族や親戚がいるのであれば、その人に聞くのが一番いいですし、地域の相場については近所の人が教えてくれるかもしれません。
でも、あまりそういう付き合いがない場合は、どうしたらいいか迷ってしまいますよね。
ここでは、そうした迷いをなくすために、「お布施の相場」をズバリ解説します。
もしもの時の参考になさってください。

お布施の金額は戒名の位によって変わります

お布施の相場については、まず日本の東と西でかなり異なります。
どちらかというと東日本のほうが西日本に比べてお布施の相場は高めだと思ってください。
そして、大都市なのか地方なのかによっても、相場は異なります。
都会のほうがお布施の金額は高め、地方の方が格安なのが普通です。

そして、これがいちばん肝心なのですが、お布施の金額は「戒名の位」によってほぼ決まってきます。
位の高い戒名をつけてもらうには、それなりのお金を積む必要があります。戒名などいらない、読経だけで結構、という人は、お布施も安く済みます。

だいたい、お布施の金額は
戒名なし、読経だけの場合10~30万円。
戒名が「信士・信女」の場合20~50万円。
戒名が「居士・大姉」の場合50~80万円。
戒名が「院号」の場合80万円~
と考えておけばいいでしょう。

カテゴリー

ページのトップへ戻る