自分らしいお葬式をするために必要なこと

あなたの人生、最期まで自分らしくあるために、必要な知識。

両家墓・樹木葬・合葬墓

新しい「お墓の入り方」

少子高齢化社会を迎える日本では、お墓の入り方もこれまでとは大きく変わってきています。
ひとつのお墓を子孫代々引き継いでいくことが事実上不可能な場合が急激に増えてきているのです。
そうした事情から、最近ではひとつの家にひとつのお墓、というのではなく、様々な「お墓の入り方」ができるようになってきました。
ここでは、そうした新しいお墓の入り方、両家墓・樹木葬・合葬墓について解説したいと思います。

夫婦がそれぞれお墓を引き継ぐ場合、両家墓も考慮に

夫婦が両方とも一人っ子だったりする場合は、夫婦2人ともお墓を引き継いでいる、というケースも少なくありません。
そうした場合、ある程度の年齢まででしたら2つのお墓を夫婦が持っていてもいいですが、その後のことを考えると、経済的負担も大きいですし、夫婦両人とも亡くなった後どうするかなど、多くの問題が浮上してきます。
そうした問題を解決するのが、2つのお墓を1つにまとめ合祀する「両家墓」という選択肢なのです。
両家墓は、文字通り2つの家のお墓を1つにまとめたもの。
ただし、両家の宗派が違う場合は問題も起きてきます。
公営の墓地など、宗派を問わない墓地であれば問題はないのですが、お寺などにお墓があり、両家墓もお寺の墓地にと考えるのであれば、宗派の違いは解決しなければならない問題になってきます。
この場合も、お寺との連携を密にして、問題を解決するように努力していく必要があります。

桜の木の下に埋めてもらう樹木葬

最近増えてきた「樹木葬」。これは、元は岩手県一関市の祥雲寺千坂住職が発案したもので、散骨ではない新しいかたちの自然な葬法です。
この樹木葬では、墓碑の代わりに樹木を植え、自然環境を保護しようという理念によって、墓地として認められた土地の好きな場所に遺骨を散骨することが出来ます。自然環境保護策として、墓石の代わりにただ樹木を植えるものから、植える樹木を選び、その中に小さな墓石を置くものまでみられます。

こうした樹木葬の中でも、桜の木をシンボルツリーとしているのが「桜葬」と呼ばれるもので、この桜葬では個別区画の目印はなく、ひとつの桜の木の下に多くの人が眠っている形をとっています。共同銘板があり、宗教不問で家族による承継や管理も必要なく、継ぎたい人がいれば承継は自由となっています。

承継者がいなくても永代供養してくれる合葬墓

また、「合葬墓」という埋葬の形態も最近増えてきています。
この「合葬墓」というのは、文字通り複数の人がひとつのお墓に入ることであり、承継者がいなくても、お寺の方で永代供養をしてくれるため、「永代供養墓」とも呼ばれます。
この合葬墓は、承継者がいない場合でも、生前に契約することが出来ます。
ある永代供養墓を祀ってあるお寺では、個人の遺骨は羅漢堂に納め、墓碑は小さな石に俗名が刻まれています。このお寺では、一度お墓に入った故人はお寺によって永代供養されるのです。

カテゴリー

ページのトップへ戻る