自分らしいお葬式をするために必要なこと

あなたの人生、最期まで自分らしくあるために、必要な知識。

お墓に入らない、散骨という方法

散骨はもう一般的になってきています

最近では「散骨」というのは、もう一般的になってきていますよね。
海が好きだった人は海へ、山が好きだった人は山へ、遺骨をまく、という行為。
これまでのように死んだらお墓に入るというのが当然だった時代から、大きく時代は変わりました。

日本の法律も、散骨を後押しすることになりました。「墓地・埋葬に関する法律」が定められていますが、この法律では散骨について特段の規定を設けていません。また、法務省も刑法190条について「葬送のための祭祀として節度をもって行われる限り遺骨遺棄罪に該当しない」という旨の見解を発表しました。
このことによって、節度を持って行われる散骨は法律違反にはならない、ということが正式に認められたのです。
この見解をきっかけに、散骨は日本中で広く行われることになりました。

散骨の手順

散骨のプロセスとしては以下の様な流れになります。
まず第一に、散骨について遺族の同意があるかどうか。本人が生前散骨を望んでいても、遺族がそれに同意しなければ後々トラブルになりかねません。まずは関係する遺族には確認をとっておきましょう。

次に、散骨場所の決定です。故人ゆかりの場所(海・山など)を具体的に散骨可能かどうか、いくつかの候補を考えておきます。

そして、散骨場所が決定したら、そこへ行く交通手段の確保が必要になります。
特に海に散骨する場合、船を用意する必要があるため、交通手段の確保は重要な問題になってきます。

また、散骨する遺骨は拾骨したままではなく、粉末状に砕く必要があります。自分で遺骨を砕くことに抵抗がある場合は、砕いてくれるサービスもあります。

最後に、散骨の実施です。散骨は周囲の人の目に触れないように、密やかに、マナーよく実施しましょう。

船を合同でチャーターする合同散骨

海への散骨の場合、多くの親族が参加するのであれば船を一艘チャーターすることも考えられますが、多くの場合はそこまで人が多くなることは考えられません。しかし、少人数で散骨するのに船をチャーターするのは、費用的に無駄が多いのも事実。その場合、複数の人が合同で船をチャーターし、合同で散骨することも考えられます。

一艘の船をチャーターすると数十万円にもなりますが、合同散骨の場合は費用がぐっと抑えられて数万円で済む場合もあります。

カテゴリー

ページのトップへ戻る