自分らしいお葬式をするために必要なこと

あなたの人生、最期まで自分らしくあるために、必要な知識。

お墓の生前準備

生きているうちにお墓をたててもいいの?

日本ではなんとなく、「お墓は人が死んでからたてるもの、生きているうちにたてるのは「死」を連想させて縁起が悪い」と考える人が多いようですが、これは大きな間違い。
実は、生前にお墓を建てることを「寿陵」といって、これはとてもお目出度いことなのです。
中国でも生前にお墓を建てることは「長寿」「子孫繁栄」「家内円満」のご利益があるとされています。
また、仏教の教えをひもといてみても、お墓をいつたてるのがいいのかについては、明確な記述がありません。安心してください。
ですから、生前にお墓を買うことは縁起の悪いことではなく、むしろ縁起がいいことだということを覚えておいてください。

生前に「寿陵」を購入するメリット

このように、生前にお墓を建てることはお目出度いことだということをご理解していただいた上で、生前のお墓=「寿陵」を購入するメリットをご説明します。

まず第一に、自分自身でお墓を建てるわけですから、もし自分が亡くなっても、子孫に負担をかけずに済む、という点があげられます。お墓を買うのは、墓石の費用や墓地の土地代、管理費などお金が多くかかるもの。そうした経費を軽減できるのは、お子さんたちにとっても助かることでしょう。
そして、「税金対策」としてもお墓の購入は役に立ちます。
あなたが亡くなれば、相続が発生します。
相続の金額によっては多額の相続税を払わなければいけないかもしれません。
ですが、お墓については、墓石・土地代ともに相続税の対象外なのです。
ですから、相続税のかからない資産としてお墓を残していくのは、相続税の対策としても有効なのです。
さらに、生前にお墓をたてることは、自分が入るお墓のデザインを自分で決められる、というメリットもあります。
ありきたりなお墓であれば特に問題はないのでしょうが、「こんなお墓に入りたい」という希望がある場合は、遺言で残すよりも自分で建ててしまったほうが確実です。

このように、お墓を生前に購入することは大きなメリットがいくつもあるのです。

墓地によっては生前の土地取得を認めない場合もあります

ただし、日本ではまだまだ生前にお墓を買うことに対して否定的な制度が残っています。
主に公営の墓地なのですが、土地取得の条件として「遺骨が手元にあること」が課せられている場合があります。
また、そうでなくても、土地取得からお墓の建立までの期間が決められている墓地もあり、そういうところでは生前にお墓を買うのはちょっと難しいかもしれません。
ですが、最近では生前にお墓を買うことに理解を示すお寺や墓地が増えてきています。
ぜひ、そういう理解のあるところを探して、生前にお墓を建てる、それも選択肢の1つに入れてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー

ページのトップへ戻る