自分らしいお葬式をするために必要なこと

あなたの人生、最期まで自分らしくあるために、必要な知識。

石材店の選び方

あなたの願いを叶えてくれるお店を探しましょう

寺院や墓地のそばには、多くの場合お墓を作ってくれる石材店があります。
多くの人は、面倒だからという理由で、そのお店に頼ってしまいがち。
ですが、その石材店が優秀かどうか、自分の要求を叶えてくれるかは、実際にお店を訪ねてみないとわからないですよね。
安易に近所の石材店に決めるのではなく、今はインターネットなどがあるので、そうした情報を駆使して、「本当にいい石材店」を探してみてください。
ごく平凡なお墓を作るのであればどこに頼んでも大差ないかもしれませんが、少しでも自分の願いが込められたお墓を作りたいのであれば、できれば複数の石材店から見積もりを取るのがおすすめです。
その際には、いい加減な見積を出してくるところではなく、石材の種類や加工賃などの詳細についてきっちりと書かれた見積もりを出してくるところを優先したほうが安全です。
特に、こちらが素人と足元を見て、専門用語などでけむにまくようなお店は絶対に信用してはなりません。

安すぎるお墓には要注意!

複数の石材店から見積もりを取ると、中には極端に安い値段を出してくるお店があるかもしれません。
また、「大幅値引き」をうたうお店もよくあります。
ですが、こうしたお店は要注意です。
「大幅値引き」の内容をよく見てみると、定価が非常に高くて、大幅値引きしてもまだ割高感の有る値段だったりすることがよくあります。
また、安すぎる値段で売っているお墓には、石材が安価で粗悪なものだったり、お墓を建てる工事がおざなりですぐに地盤沈下してしまったりする場合があります。
高すぎる値段のお店は却下ですが、安すぎるのも、よくよく用心しないと足元をすくわれかねません。

中国製の墓石は粗悪品?

よくある質問に「墓石が中国製なのですが大丈夫ですか?」というものがあります。
これについては、基本的には「中国製でも特に問題はない」というのが答えになります。
というのも、中国と日本は元は地続き。だから石材の品質も、そう大きくは違わないのです。

ただし、墓石には最高級のグレードがあって、その最高級の石材は国産のものでなければならない、ということもあります。
それらはブランド石であって、例えば香川の庵治石や神奈川の本小松石など、墓石として非常に品質の高い石材が日本に存在することは事実です。これらの墓石は、中国製のものとは品質が大きく異なります。
ですが、そうしたブランド品ではなく、一般的な石材を購入するのであれば、中国製であってもそう大きな違いがない、というのが実際のところです。

カテゴリー

ページのトップへ戻る