自分らしいお葬式をするために必要なこと

あなたの人生、最期まで自分らしくあるために、必要な知識。

家族葬・自由葬・直葬・一日葬

新しいお葬式の流れができ始めています

最近では、通常の(葬儀社任せの)通夜→告別式→火葬、という流れではなく、自分らしいお葬式をあげたい、と考える人が増えてきています。
それは、亡くなる方が生前に自分のお葬式のプランを口にしている場合もありますし、親族の方が、故人のライフスタイルを尊重して、お仕着せでないお葬式をあげようと考える場合もあります。

これまでは、そうした形式にとらわれないお葬式に対しては葬儀社は難色を示す場合が多かったのですが、今では多くの葬儀社が自由な形式でのお葬式に理解を示すようになってきています。
とは言え、まだまだ閉鎖的な葬儀社の世界、古くからのしきたりにこだわるところも少なくありません。
ご自身で葬儀のプランを決めるのであれば、できるだけ事前に、そうしたお葬式に理解のある葬儀社をあらかじめ選んでおくと、いざという時に困ることが軽減されるでしょう。

これまでの葬儀とは異なる新しいお葬式の形態

ここでは、そうした、亡くなった方の意思を尊重した新しい形式のお葬式について解説します。
こうした新しい流れのお葬式には、主に「家族葬」「自由葬」「直葬(火葬式)」、「一日葬」などがあります。
これらの特徴について解説します。

家族葬

家族葬というのは、式への参列者が親しい身内までの少人数で行う小さな葬儀とされています。
親しい身内の範囲としては「遺族のみ」「遺族と親族」「遺族・親族・故人と特に親しかった人」に分類され、5~30人程度の規模が多くなっています。

家族葬では、参列者がごくごく身内に限られているために、世間体を気にした派手な装飾などは必要ないため、お葬式はシンプルで費用も抑えることが出来ます。また、喪主をはじめとした遺族も挨拶回りに走り回る必要がなく、故人ときちんとお別れができるというメリットもあります。

一日葬

一日葬というのは、お通夜を行わず、葬儀告別式のみを行う形式のことです。
一日葬が登場した背景には、「身内だけで行うので同じことを2度繰り返すのはあまり意味が無いのでは?」という考えがあります。したがって、一日葬の場合も家族葬同様、基本的には身内を中心とした少人数で行われることが多いです。

お葬式はシンプルにしたいけど、直葬はちょっと寂しい・・・という方にも一日葬が多く選ばれています。

直葬

直葬というのは、火葬式とも呼ばれ、通夜も告別式もなく、火葬のみを行う形式のことです。
この直葬の場合、葬儀場を準備する必要もなく、火葬場が葬儀の会場となります。
とにかく費用を安く抑えたい人には最も選びやすい選択肢になっていますが、それでもある程度のお金はかかることと、実際に直葬を行った人は口々に「やっぱりちょっと寂しかった・・・」と言っているので、故人との思いを断ち切るための式を行わないことへのデメリットもあると思ってください。

自由葬

自由葬というのは、宗教的な形式にとらわれないお葬式の形態のことです。
形式についての決まりはありませんが、多くは「音楽葬」や「生花葬」などのスタイルで行われることが多いです。

こうした自由葬を行うのは、亡くなった方が生前から自分のライフスタイルを最後まで貫き通したいという強い意志を持っている場合に多く選択されます。生前からプランを立てている場合もありますし、遺族が故人の意思を尊重して選択する場合もあります。

自由葬は宗教的な色彩が排除されている場合が多いので、お寺とのお付き合いがある場合は事前に告知しておくほうが無難です。また、葬儀社の選定についても、自由葬の実績が豊富な葬儀社を予め数社調べておくほうがいいでしょう。

カテゴリー

ページのトップへ戻る