自分らしいお葬式をするために必要なこと

あなたの人生、最期まで自分らしくあるために、必要な知識。

宗教による形式の違い

宗教によってできること、できないことがあります。

冠婚葬祭、というように、お葬式と宗教とは切っても切れない関係にあります。
日本人は形式的には宗教を持っていても、実際にはほぼ無宗教に近い人が多いので、最近では無宗教でのお葬式をとりおこなう場合が増えていますが、やはりまだいちばん多いのは仏式のお葬式でしょう。
また、亡くなった方がキリスト教信者の場合は、仏式ではなくキリスト式のお葬式が営まれます。その場合は、様々なことが仏式とは異なります。

こちらに、宗教によるお葬式の進行の違いを表にしてみました。

形式名 仏式 神式 キリスト式 無宗教式
依頼先 お寺 神社 教会 葬儀社
執行人 住職・僧侶 神職 神父・牧師 司会者
進行の中心 読経 祝詞 祈り・賛美歌 音楽など
捧げるもの 焼香 玉串奉奠 献花 献花など
式の名称 通夜・葬儀告別式 通夜祭・葬場祭 ミサ・告別式など 偲ぶ会など

このように、宗教によってお葬式の形式は大きく違ってきます。
現在の日本では仏式のお葬式が約80%と、一般にお葬式といえば仏式が普通になっていますが、どうしても紋切り型のお葬式になってしまうので、そういった杓子定規的なお葬式を嫌がる人は、無宗教式でのお葬式を選ぶケースが増えています。

無宗教式のお葬式をしたい場合は事前の根回しが大切

お寺にお墓があり、檀家になっている場合は基本的にそのお寺のお坊さんに読経をしてもらう場合が多いでしょうが、そうではなく、自分の思うような自由な形式のお葬式を行いたいのであれば、無宗教式のお葬式が最も自由度が高いお葬式を営むことが出来ます。
ただし、その場合はお墓に入る際にお寺とのすり合わせをしておかないと、不要なトラブルを抱えることにもなりかねません。
無宗教葬をしたいのであれば、生前の段階からお寺とは連絡を取って、お墓には入るけど読経はしない形式にする、ということを伝えておいたほうが無難です。

また、無宗教式のお葬式をするのであれば、葬儀社とのすり合わせも大切です。
葬儀社は、基本的には仏式のお葬式を勧めてきます。その方が楽だからです。
もし、あなたがあなたらしいお葬式を出したいのであれば、葬儀社にはその旨をあらかじめ伝えておいたほうがいいでしょう。
そのためにも、葬儀社は事前に決めておくことをおすすめします。
葬儀社には、無宗教でこだわりを持ったお葬式に難色を示す会社と、気持よく引き受けてくれる会社とがあります。なので、葬儀社を選ぶ際には特に無宗教葬を考えている場合は、それを引き受けてくれるかどうか、その際の費用はどれだけかかるのか、しっかり把握しておく必要があります。

カテゴリー

ページのトップへ戻る