自分らしいお葬式をするために必要なこと

あなたの人生、最期まで自分らしくあるために、必要な知識。

葬儀社の選び方

病院が紹介してくれる葬儀社がベストではありません!

もし病院で患者さんが亡くなった場合、病院は一刻も早く外に出したいと思うために、遺族の人に葬儀社を紹介してきます。
ですが、病院の紹介する葬儀社の役割は、遺体を病院から搬出し、安置所に置くまでの「搬送」だけでも、一向にかまわないのです。
葬儀に対して事前に明確なビジョンを持たず、葬儀社も決めていない場合、病院の紹介した葬儀社にそのまま全てを託す場合が少なくありませんが、それはできればやめたほうがよいでしょう。
というのも、病院が紹介する葬儀社は、病院にマージンを払っている分、通常の葬儀よりも割高だと言われています。

ですから、ベストなのは、亡くなる前に葬儀社も決めておき、遺体の搬送も含めて自分の決めた葬儀社にお願いすべきなのですが、それをしなかった場合は、搬送だけお願いし、その後については別の葬儀社にお願いする、というのが賢明です。

そして、亡くなってから葬儀社を決める際には、必ず複数の葬儀社から相見積もりを取りましょう。
一刻も早くお葬式を出したい気持ちもわかりますが、それは葬儀社の思う壺。故人がどのような葬式を出したいと考えていたのかを明確に提示し、そのお葬式をするにはいくらかかるのか、きちんと明確に費用を出してもらうのです。そして、できるだけ安く、きっちりとやってくれそうな葬儀社を選びましょう。
多少時間はかかってしまいますが、遺体は安置所に置いてあれば数日は大丈夫です。あわてて事を運んであとで後悔するよりも、きちんと見積もりをとって、無駄のない、しめやかなお葬式が出せるように最大限努力しましょう。

葬儀社選びは葬儀社紹介サイトや葬儀社団体のサイトを参考にしましょう

では、リーズナブルで誠実な葬儀社を探すにはどうしたらいいでしょうか。
以前でしたら、親族に聞いたり、タウンページなどで近隣の葬儀社を探すのが一般的でしたが、今ではインターネットで検索する人が増えています。
ネット上には、葬儀社を複数紹介する「案内センター」的なサイトもたくさんありますし、葬儀社の団体もホームページを持っているので、そこの加盟社に連絡するのも冴えた手でしょう。
例えば、葬儀社を紹介しているサイトには、こちらの「葬式費用.com」などがありますし、葬儀社の案内センターとしては「お葬式情報案内センター」や「葬儀相談案内センター」、「葬儀社総合案内センター」があり、団体としては「全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)」があります。
こちらの団体に所属している葬儀社は、きちんとしたところばかりなので、ボッタクリのような費用をふっかけることはありません。
これらの情報を活用して、複数の葬儀社に連絡を取り、相見積もりを取って、最終的にどこにお願いするかを決めるといいでしょう。

カテゴリー

ページのトップへ戻る