自分らしいお葬式をするために必要なこと

あなたの人生、最期まで自分らしくあるために、必要な知識。

負債の相続

借金を相続しなければいけない時

相続というのは、一般には資産の相続を想定しますが、それと同時にマイナスの資産、負債も相続しなければいけません。
でも、誰しも負債を相続したいとは思いませんよね。
そういう人のために、借金を相続しない方法もあります。
ただし、それらの手続きは、相続が発生した日から3ヶ月以内に手続きをしなければいけません。
この手続を怠ると、負債も何もかもが全部相続しなければならなくなります。
じゅうぶん気をつけて下さいね。

単純承認、限定承認、相続放棄

相続を行うかどうかについては、3種類の対処法があります。
まずは、負債も含めて資産を全てそのまま相続する「単純承認」、そして、預貯金などプラスの財産の範囲で借金なども一部相続する「限定承認」、それから、相続を一切しない「相続放棄」。この3種類があります。
もし故人が借金をしていて、もしかしたら負債のほうが大きくなりそうであれば、限定承認か相続放棄を選択したほうがよいでしょう。
ただし、限定承認も相続放棄も、前述のように相続が発生してから3ヶ月以内に手続きを行わなければなりません。3ヶ月を過ぎると、全て「単純承認」、つまり負債も含めて相続することになるので、じゅうぶん気をつけてください。

相続放棄の手続き

相続放棄を選択した場合、家庭裁判所への申し立てが必要になります。限定承認の場合は相続人全員の同意が必要ですが、相続放棄は相続人単独で申し立てができます。申し立てには次のような書類が必要です。

●相続放棄の申述書
●申出人の戸籍謄本・印鑑
●故人の戸籍附票または住民票の除票

これらの書類を揃えて家庭裁判所に申し立てを行うのですが、費用は申出人一人につき収入印紙800円です。
家庭裁判所に相続放棄の申請を行うと、いくつかの質問を受け、それに回答して相続放棄が認められれば手続きは完了です。

カテゴリー

ページのトップへ戻る